仕事のグチを大いに語る

仕事のグチを語るものありです。中には「なぜ私にばかりコピーを頼むの?!」的な仕事のグチも、社内ではいえないことでもブログの中やコミュの中では言いたい放題。女性が多い社内だと、これまた面倒なややこしいことになってしまうので、社内のグチは外で吐くのが一番ですね。社内にいるかなり親しい友人には、ランチを一緒にしたり食事の時などにグチることもできますが、分かってもらえる友人が社内にいない場合には、これは外で愚痴るしかないというものです。

社内のグチはできれば外で・・

仕事上でのグチなら、同僚に話をすることもできます(例えば取引先相手のグチなんか)が同僚のグチだったらどうでしょう~。また上司のグチですね。上司のグチも言ってOKな場合もあれば、これを言ってしまったらもっと話がでかくなってしまう。ということもあります。このあたりの見極めが難しいところですが、チームリーダーのグチをぶちまけてしまったらなんとそのチームリーダーとグチをぶちまけた相手が、通じていたということもあります。そんなことを知った後には、背筋が凍る・・・「やってしまった感」満載になってしまうので、これもできればまったく関係ない人に言うのが一番誰も傷つかず、そして自分自身も精神的に楽なのではないでしょうか~?!

社内のグチを語る

仕事をしていくうえで一番面倒なのが人間関係ではないでしょうかね~ 社内コンプライアンスがあるとはいっても、なかなか思うようにいかないのが人間関係です。社内の愚痴は、社内の人には言わないのが円滑な人間関係を築いて、そして仕事でもうまくいく秘訣ではないでしょうか~?!

愚痴を話せばもちろんスッキリします。でも愚痴ばかりを言ってしまうと、聞かされる側としてみたら「まーただよ。」と内心では思っているかもしれません。内心で思ってくれてる程度で終わればいいのですが、なんとなくうっとうしそうな態度に出されたり一緒にランチに行こうといっても、なんとなく避けられてしまうかもしれません。そうなってしまうと社内で浮いてしまうかもしれないので、むかつくーーーーっ!!といった愚痴も、社外でガス抜きするのが一番ですね。

顔を合わせて友達と愚痴ることもたまには良いでしょう。電話で「ちょっと聞いてちょうだい」と話をしてもいいでしょう。でも、でもせっかくの友人との時間を愚痴に費やしてしまうのはあまりにももったいなくはありませんか?!仕事以外でせっかく友人との時間を作ったら、仕事の愚痴よりももっと楽しい話題で盛り上がりたいものです。愚痴はそこそこにしておいた方が有効な時間の使い方ではないでしょうか~?!

そうなると愚痴を吐き出すには、ブログやコミュをつかうのが時間的な面で考えると一番有効かもしれないです。愚痴を言わずに自分の中でうまく消化できる人には、もちろん自分の中で上手く消化するのが一番ベストですし、はぁ?なんだとーーーー!的なことを考えたことなど全くない。という人もいます。自分の中でうまく消化できる人であれば、愚痴する必要もないので問題などないのですが、フツフツとやり場のない不満的な考えが自分の中に根付いてしまっていると、それはかなり苦しい状況です。

うまく吐き出していないと、それこそストレスから心の病になってしまいます。自分がしっかりやらないとダメだ!と思って、頑張りすぎてしまって自分では気づかないうちに溜め込んでしまってストレスという負荷になって起きることが出来なくなってしまっている人も大勢います。

こうなってしまうと、かなり大変なことになってしまいます。自分でやばいなんかおかしいと分かったなら、まだいいのですが自分でも分からないうちにあれ・・あれ・・起きれない。それになんにもやる気がしてこない。でも眠れないし疲れも取れない。なんかだか身体がおもーくなってしまっていて、やる気もなければ気力すらもわいてこない。もちろんなにかを食べる気持ちにもなれなくなってしまっているとしたら、かなり要注意です。

そうならないためにも、ストレスを貯めやすいタイプだな。と自分自身で自覚しているなら、社内での愚痴は社内で吐き出さずに関係ない場所で吐き出すのが一番です。そんなときにはコミュなどに書き込んだり、なにか反応されるのが嫌だったら日記のように自分の心情と愚痴をぶちまければ吐き出すことで楽になるのでうまくバランスを取れることになります。自分ひとりでウツウツとしているよりも、吐き出してしまって楽になっちゃいましょう。

昔ながらの日記というのももちろんですが、毎日いろいろ書くなんて面倒で嫌になってしまうのもよくあること。ここは手帳などに書き留めておくだけでもかなり違います。そんなに毎日くる日もくる日も愚痴を延々と連ねるのも、後々にみたときにアホらしい~~と感じてしまいまうかもしれませんが、そこは自分が書いたこととして笑い飛ばしてしまいましょう。